木箱 SAyA
木箱 西村サトシ
ヤマダサヲリ
 

 
 
木箱(kibaco)
2004年札幌で結成。
SAyA(サヤ/Vo&Key,Programing,etc)と西村サトシ(ニシムラサトシ/Programing,Gt,etc)の二人による札幌在住のユニット。
エレクトロニカを基調に他ジャンル要素を配合し実験的且つ緻密にアレンジされたトラックにvo.SAyAの透明度の高い声が融合され独自の世界感を放っている。
2007年8月には、北海道最大の野外フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO」の公募選出ステージ,RISING★STAR (@GREEN OASIS)に839組より選出され出演。ライブでは映像や装飾などの空間演出にも力を入れており、札幌市青少年科学館のプラネタリウムでのワンマンライブやモエレ沼公園内ガラスのピラミッドでの自主企画イベント「マドロミロニカ」なども開催しアートと音楽の融合を図った活動を独自に展開している。
2010年にはVictor BabeStar RecordsからAlbumを2枚同時リリースし、メジャーデビューを果たす。
2012年5月には自主レーベル[kitorina records]を立ち上げ、同年7月に三枚目のフルアルバム「hometown」をリリース。
2013年北海道のファッションブランド【urnis】とのコラボレーション企画を行う。

また、SAyAは「Rhythmy」名義でのソロ活動、西村は「mind-set」名義でソロ活動やエンジニア名義「brownpost」としてサカナクションの「GO TO THE FUTURE」や「NIGHT FISHING」などを手がけた実績を持つ。


Rhythmy(リスミー)
電子音楽ユニット木箱のヴォーカルSAyAのソロプロジェクト。

ピアノ、シンセサイザーなどの鍵盤楽器をメインに作られたトラックに、サンプリングした身の回りのいろいろな素材を重ね、透明感溢れる特徴的なウィスパーボイスがそれらを包み込む。

対照的なものが混在する世界を好み、時にはファンタジックであり破壊的でもある。
自身の世界をより追求した自由で独創的な音のストーリーが広がっていく。



Solo project of SAyA, who is the electronic music unit

kibaco's vocal.
Her whisper voice full of clarity is characteristic.
Putting the sounds sampling from around us on the track

mainly made with keybord instrumentals, for example piano and

synthesizer, she expresses world of freedom and originality.
She likes mixing contrasting things, so her music is

destructive and fantasic.
She spreads sound-stories in pursuit of her own world.


ヤマダサヲリ
グラフィックデザイナー

1989年 札幌生まれ。
経専音楽放送芸術専門学校 卒業後、独立。

グラフィックを主体として、 様々なサウンドジャンルにおけるアートワーク(CDデザイン)中心に制作。
紙媒体、パッケージ、ロゴ、グッズ等のデザインワークを行う。
「可視化」をテーマに掲げ、見えないものから感じられる情景・色・質感 の再現にこだわった作品展開となっている。

また近年は、
イベントにて会場装飾、絵の投影を担う。


  
 
TURGET 
  1986年生まれ。
DJ、トラックメーカー、ドローイングアーティスト。
札幌、東京を中心に活動。

DJとしてソロ活動を行う傍ら様々なアーティストとのコラボレーションライブを展開。

また、同時にトラックメーカーとしてのキャリアもスタート。
HIP HOP,Abstract,Ambient,Nosieなどを織り交ぜた破壊的な世界観を表現。

さらに、ドローイング作品も制作するなど、アーティストしての活動の幅を広げる。

そして、2013年。
自ら描いたドローイングをジャケットに起用した1st Album「WRISE」を
「Thruster Label」第一弾アーティストとしてリリース!


Takuya Miyoshi 
エレクトロニカを基調としたトラックに、美しいピアノ旋律が奏でるノスタルジックかつ幻想的なサウンドスケープを展開。
その心地の良い音像から、一方ではヒーリングミュージックとしての評価も高く幅広い世代を魅了している。
2010年にはファッションブランド「FRED PERRY」主催の楽曲公募にて髙橋幸宏氏セレクトの20曲のうちに選ばれる。

Creates a nostalgic and illusionary soundscape through using Electronica-based beautiful piano melodies.
The pleasant soundscape has attracted generations of fans as healing music.
In 2010, his work was among the twenty pieces selected by Yukihiro Takahashi for the music contest sponsored by the fashion brand Fred Perry.