木箱 SAyA
木箱 西村サトシ
ヤマダサヲリ
 

 
空気をまとった音の波、日常に溶け込む景色と音像

暖かく、柔らかく、そして美しい切ななメロディをレトロトーンなエレクトロニカで包むように描いた本作は個の少年期より現在に至までの心に残る記憶を断片的に音で表現。
まるで絵画を見てるかのように、その瞬間を見事に心理描写している。

個の強い感情と、人間らしい不完全さを詰め込んだその音は生活の一部として溶け込み、そしてまた、
心に残る記憶となっていく。。。

音への"スリルを堪能し依存する"をテーマに描かれた音のスケッチブック。

INTERVIEW
2015.03.23 Takuya Miyoshi
2014.10.13 モノポックル
2013.08.29 TURGET

 LINER NOTES
2013.08.29 TURGET『WRISE
2013.08.29 木箱『hometown

FASHION
■2014.04.29 turn the page〜長い夢から目覚めたら〜
■2014.03.19 urnis×木箱コラボライブinマルヤマクラス
■2014.03.02 春に向けて
■2013.12.11 冬がやってきたの巻
■2013.10.29 はじめまして

 REVIEW
Boss Tera Echo(2013.12.25)
Roland HandSonic(2013.12.25)
  



 
PROFILE

Takuya Miyoshi
エレクトロニカを基調としたトラックに、美しいピアノ旋律が奏でるノスタルジックかつ幻想的なサウンドスケープを展開。
その心地の良い音像から、一方ではヒーリングミュージックとしての評価も高く幅広い世代を魅了している。
2010年にはファッションブランド「FRED PERRY」主催の楽曲公募にて髙橋幸宏氏セレクトの20曲のうちに選ばれる。。

 『Life File』リリースおめでとうございます。リリースしてみて今の率直な感想をお聞かせください。

この作品は私自身が聴く為に制作したものが多く含まれています。
 とてもラフプレイが多いのです。
 ですのでこんな感じのものがリリースされていいのかな?って感じです。
 嬉しいさ半分 大丈夫なの? 半分って感じです(笑)

アルバムタイトル『Life File』は収録曲でもありますがタイトルにした理由はなぜですか?

この作品は、私自身の少年期より現在に至までの心に残る記憶を断片的に音で表現してみました。
   音楽を通じての私という人間ファイルってな感じでしょうか。
   楽曲“Life File”は違う意味合いで制作してますが、このアルバム全体を意この作品は、私自身の少年期より現在に至までの心に残る記憶を断片的に音で表現してみました。
   音楽を通じての私という人間ファイルってな感じでしょうか。
   楽曲“Life File”は違う意味合いで制作してますが、このアルバム全体を意味するに適当と感じ付けました。
 ちなみに楽曲“Life File”は二度と会うことも 触れることも出来ない尊い存在への大切な思い。
 心の描写をテーマに表現しました。するに適当と感じ付けました。
 ちなみに楽曲“Life File”は二度と会うことも 触れることも出来ない尊い存在への大切な思い。
 心の描写をテーマに表現しました。



いつ頃に制作したものですか?

制作は結構前になります。
 もう4~5年前程前でしょうか。
 なにかあたためていた感じっぽいですね(笑)



使用機材、楽器などお聞かせください。

MacBookにReasonというソフトだけで作りました。
 あれこれプラグインするのは好まないので、個人的にこれがベストです。
 Reasonは私にとても相性が良く、満足しています。

今回の作品の制作中に特に意識したことはありますか?

自然に. . .人間らしさ. . .
そして不完全. . . .
DTMミュージックは特にパーフェクトの物を作りあげたくなる傾向があります。
 テンポや音はずれ、そしてタイムラグ等色々修正可能ですので、
 きっちり作りこんじゃうものが多いです。
 ですので、修正を極力減らし、生っぽさを追求しました。
 私自身パーフェクトのものを好まないのです。
 完璧な人間などいませんよね. . . .
 いたとしたら、つまらないです。
 音にも同じ事が言えると思います。
 あくまでも持論です。



メイン曲があれば教えてください

1曲目の”All one's life”でしょうか。
 生涯 変わることのない気持ちをテーマに作りましたが、
 私自身の生きる上でのテーマでもあります。

みなさんに最後に一言お願いします!

私自身各曲に意味合いを込め作りましたが、
基本そこはあまり考えないで欲しいです。
 言葉・歌詞を持たないインストゥルメンタル楽曲はどのようにも変化し
解釈出来ます。
 皆さんの人生と照らし合わせ聴いて下さると良いなんて思っております。
 それぞれのテーマに当てはまる事を願っております。



【後記】

心にすーっと溶け込んでくる美しい旋律が
澄んだ空気みたく浄化してくれるよう。
目を閉じ身を委ねるとそこは究極の癒しの世界。
ただのヒーリングミュージックでは終われない
唯一無我のサウンドが広がっていきます。
是非みなさんも感じてみてください。

Interviewer SAyA

Takuya Miyoshi【Life file】

01: All one's life
02: Kico
03: Dear
04: Desire that loves you
05: Gentle time
06: Think seen from your place
07: Wish that doesn't reach
08: Pulira
09: Life file
10: Memory that should be lost

Thruster label
Ⓟ&Ⓒ 2015 kitorina records

THRR-302
配信サイト
iTunes /Amazon mp3 /OTOTOY
/ レコチョク /and more...