木箱 SAyA
木箱 西村サトシ
ヤマダサヲリ
 

 
kitorina records Thruster第一弾アーティストTURGET
TURGET自身によるAlbum『WRISE』のライナーノーツ。

INTERVIEW
2015.03.23 Takuya Miyoshi
2014.10.13 モノポックル
2013.08.29 TURGET

 LINER NOTES
2013.08.29 TURGET『WRISE
2013.08.29 木箱『hometown

FASHION
■2014.04.29 turn the page〜長い夢から目覚めたら〜
■2014.03.19 urnis×木箱コラボライブinマルヤマクラス
■2014.03.02 春に向けて
■2013.12.11 冬がやってきたの巻
■2013.10.29 はじめまして

 REVIEW
Boss Tera Echo(2013.12.25)
Roland HandSonic(2013.12.25)
  



 
 01.INTRO

とにかく何やらはっきりしない状態、混迷している様、
そのようなイメージをイントロで表現したかったんです。
そこには、今の時代の状況だったり、
僕の心境だったり、
あらゆる物事が反映されていると思います。
その状況の中でも、何かを見出し進んでいく。
アルバムを通して、そのようなストーリーを描きたかった。

02.SHADOW

作品を創ることは、結局自分の思いや表現したい事を
どんどん突き詰めて深く掘っていくことだと思うんです。
そうしていく過程で、必ず負の要素に触れる事になる。
たとえば、過去の経験や、自分の嫌いな部分といった、
あまり光にさらしたくない部分です。
しかし、そういった要素に支えられて今を生きているのも事実。
そのような必然を、どうしても形にしたかった。


 03.疾走

アルバムのトータル的に、
このあたりでスピード感を出したいと思っていたので、
そこからイメージを膨らませ、
BPMを上げるだけではなく、
その他の音でスピード感を出すにはどうすればよいか、
色々音を選んでいき、このようになりました。

04.DIZZY

『疾走』のその後。
フェーズが切り替わります。

05.雨景 -Rain-

ランダムに音を並べながら試した結果生まれたループから、
静かに降り続く雨のイメージが頭に広がってできた曲。

06.NAMES

表現する言葉がなかなか見つからないですが、
自分の色々な感情を混在させた曲になったと思います。
ドラムの組み方や上音の置き方、スケール感。
それによって出来上がった「そのもの」が、
「メッセージ」なのだと思います。


07.渦

前トラックからの世界が続くイメージで。
感情が込み上げ、抑制が効かなくなるイメージ。
『STATIC』へ続きます。

 08.STATIC

例えば、冷静に見えていても、
その中で感情が今にも爆発しそうな状態というような、
目で見るだけではわからない世界が、
無数に存在していると思うんです。
それに怯え、それを想像し続けなければならない。
その自分への戒めが、この曲の土台になっていると
今振り返ってそう思います。

09.INFINITY

『STATIC』までのストーリーから、
新しいフェーズへと切り替えるソング。

10.THE SUN

冒頭の何かが吹き荒れるような音は、
ストリングスに数種類のEQを組み合わせて作った音なのですが、
この音が出来た時、曲の世界感のイメージが膨らんだ。
何か偉大な、恩恵のような、
時に脅威となる、そのような関係のもの。

11.FEARLESS FEET

「恐れなき前進」という意味。
何が起こるかわからない現在だが、
どんな事が起ころうとも時間は過ぎ、
私たちは死に向かい、ゆっくり老いていく。
だから、前に進まなければならない。
その為には強くならなければならない。
その願望から生まれたトラック。

12.EXIT

聴いてくださった方々に、
「想像」して欲しいと思います。

 01 INTRO
 02 SHADOW
 03 疾走
 04 DIZZY
 05 雨景-Rain-
 06 NAMES
 07 渦
 08 STATIC
 09 INFINITY
 10 THE SUN
 11 FEARLESS FEET
 12 EXIT

 2013.08.07 Release
 ¥2,300(Tax in) THRR-301
 Thruster label
Amazon
iTunes
OTOTOY